dockerのイメージをLatestにしたらあかん

Programming

dockerのイメージをLatestにしたらあかん

ある日GitLab CIで特定の環境にdocker push hogeのコマンドを実行したらこんなエラーが。。。

Error response from daemon: client version 1.40 is too new. Maximum supported API version is 1.39

.gitlab-ci.ymlのイメージの指定を見たら以下のような記述に。。。ああ。。

image: docker

この意味合いはイメージの指定が docker:latest なので公式の最新版になるので、公式がイメージを更新したら使えなくなることがあるので、 基本的にはイメージのタグは固定しておきましょう (実際は面倒くさくて忘れがち。。)

1.39以前の安定版

ちなみに 18.09 のバージョンに固定したらうまくPushできた。

image: docker:18.09

まとめ

Latest = 最新版だけど、最新版 = 必ず動くじゃないのよね。。バージョンには気をつけましょう。

#Dev Ops#docker

Related Links


k8sでのJob管理にargoで動かしてみる
docker Redisでping PONG
Go APIの実装をしたのでそのときのメモを残しておく
Yoshiki Ohashi
2x歳の個人事業主エンジニア。SI企業1年, Webベンチャー企業2年で上流から下流の経験を経て独立。 エンジニアらしく性格は温和。プロジェクトチームに心理的安全性を求める。go gin | Spring | Java | Kotlin | Vue | Python | 筋トレ | キャンプ | 個人開発 | 新潟出身

よく読まれている記事


Gatsbyでブログを始めるまで
GatsbyにShare機能、OGPタグをつける
Gatsbyにタグ機能、カテゴリ機能をつける(基礎編)
DL実装するときに理解すること
多機能なGatsbyJSのThemeをつくってnpmに公開した話
© 2020 Yoshiki Ohashi All rights reserved.