URLを正規表現で判別する

Programming

この記事は

正規表現のメモ的な扱いです。忘れないように

URLを判定する

(http://|https://){1}[\\w\\-/:\\#\\?\\=\\&\\;\\%\\~\\+\\.]+(?!.*\\.).

仕様

  • 必須

    • https:// or http://
  • 許容

    • www.があってもよい
    • ドメイン等に-があってもよい
    • ドメイン等に:があってもよい
    • ドメイン等を区切るために/があってもよい
    • ?があってもよい(クエリパラメータ)
    • =があってもよい(クエリパラメータの値)
    • &があってもよい(複数のクエリパラメータ)
    • %~があってもよい(URLエンコード)
  • 非許容

    • urlにが存在する(飛んでも表示不可能なため)
    • ただの文字列 (String Animation)

説明

今回の仕様として特殊なのは のような文字を含むURLは除外をしたい。そのため (?!.*.) の部分で . が連続するは判別をされないようになっている。その他URLに必要な文字列はあっても良いという表現にしている。

Tips 便利な正規表現可視化サイト

#Regex#Tips#正規表現
Yoshiki Ohashi
2x歳の個人事業主エンジニア。SI企業1年, Webベンチャー企業2年で上流から下流の経験を経て独立。 エンジニアらしく性格は温和。プロジェクトチームに心理的安全性を求める。go gin | Spring | Java | Kotlin | Vue | Python | 筋トレ | キャンプ | 個人開発 | 新潟出身

よく読まれている記事


Gatsbyでブログを始めるまで
GatsbyにShare機能、OGPタグをつける
Gatsbyにタグ機能、カテゴリ機能をつける(基礎編)
DL実装するときに理解すること
多機能なGatsbyJSのThemeをつくってnpmに公開した話
© 2020 Yoshiki Ohashi All rights reserved.